教育実践(金寺 登)

2.1 高専間教育素材共有システムの概要

各高専において開発された教材は、多くの手間と時間をかけて作成されたにもかかわらず、利用できる学生が限られている。そこで、全国の高専の優れた教材やノウハウを共有することにより、高専全体の教育レベルの更なる改善が期待できる。

高専IT教育コンソーシアムでの議論を通じ、以下の要件を満たすシステムの開発が必要であるとの合意が得られた。

以上の要件を満たすシステムがなかったため、2005年に高専間教育素材共有システム」を開発した。

システムの特徴は以下の通りである。

  1. 教材をWeb経由で容易に登録可
  2. 教員や学生が自由にアクセス可
  3. 教科、素材の種類、作成者、キーワード、内容などによる検索
  4. 科目別、著者別にディレクトリ表示
  5. メンテナンスが容易
  6. 閲覧・再利用許可条件を含む
  7. 著作権情報を随時設定可能

高専間教育素材共有システム

閲覧条件

再利用許可条件