ESCORT 操作方法 - 金寺研究室
sail.i.ishikawa-nct.ac.jp

簡単な利用方法

  1. 「File」メニューから「OpenFile」を選択します。
  2. 編集したい素材ビデオファイルを選択します。
  3. ダイアログボックスに[自動分割しますか?]と表示されるので、「はい」「いいえ」のいずれかを選択します。

※「はい」を選択した場合

  1. 分割方法において [簡易自動分割(ポーズ情報のみ)/詳細自動分割(音声認識を利用)]のいずれかを選択します。簡易自動分割は即座に終了しますが、詳細自動分割は音声認識に時間がかかるため時間に余裕のあるときにご利用ください。
  2. 分割率を設定して、「分割」ボタンを押します。
  3. EditListタグに自動分割されたリストが表示されます。リスト中のシーンを選択するとそのシーンが再生されます。
  4. ビデオ編集を行います。ビデオ編集方法は次節をご覧ください。
  5. 「File」メニューから「Rendering]中の「AVI」を選択します。
  6. ダイアログが表示されるので、保存するビデオ形式として、Video Encoderに「DV Video Encoder」、Audio encoderに「PCM」等を選択します。
  7. ダイアログ左下のFieNameにおいて保存するビデオファイル名を指定します。
  8. 「OK」ボタンを押します。ビデオ出力には時間がかかります。
  9. 「File」メニューから「終了」を選択するとシステムが終了します。

ビデオ編集方法


各画面は以下のような機能をもちます。

各画面 機能
① 自動分割リスト。分割された各シーンが表示されます。
② 再生画面
③ 再生・一時停止・スキップボタン
④ タイムライン


シーン再生

①自動分割リストから再生したいシーンを選択すると②の画面で再生が開始されます。
現在シーンは複数選択して再生できません。


ビデオの再生・停止・一時停止・スキップ

③の再生メニューを拡大すると


となります。各ボタンの機能は以下のようになってます。

<前方へのスキップ
>再生
>>後方へのスキップ
||一時停止
CUT現在のシーン一時停止時点(再生時点)で分割します。
DELETE現在のシーンを削除します。

分割の粗さを変更するには

  1. プロジェクトタグを選択し、対応するビデオファイル名中から分割数を適宜選択すると、指定した分割数の自動分割リストが表示されます。
  2. シーンを選択するとプレビューすることができます。
  3. 指定した自動分割リストをビデオリストタグに反映したい場合は、「置換」「挿入」「追加」のいずれかのボタンを押します。「挿入」は、ビデオリストタグで選択されているシーンの前に自動分割リストが挿入されます。

複数ファイルを編集するには

  1. 「プロジェクト」メニューから「追加」を選択します。
  2. 追加したい素材ビデオファイルを選択します。
  3. 以降は、3.1(3)以降と同様です。

ビデオリストのみを保存するには

「プロジェクト」メニューから「保存」を選択します。


ビデオリスト(プロジェクトファイル)を読み込むには

「ファイル」メニューから「開く」を選択し、プロジェクトファイル名(○○.vpf)を指定します。


ビデオの書き出し

編集結果をビデオファイルへと書き出す場合、メニュー中から
File -> Rendering -> AVI
の順に選択してください。AVI以外は書き出せません。




上のようなウィンドウが表示されます。

①のボタン
出力先のビデオファイルを指定するためのものです。押すと、"ファイル名を指定して保存"ダイアログボックスが開きます。出力先のビデオファイル名を指定してください。新規のファイルに出力したほうが、失敗しにくいです。

②、③のリストボックス
②は映像の圧縮に、③は音声の圧縮に使うコーディックの選択リストです。選択したcodecにより、データを圧縮してAVIを作ります。一例ですが、無圧縮DV形式のAVIファイルを作る場合は、②ではDV Video Encoderを選択し、③ではPCMを選択してください。これで無圧縮DV形式のビデオを作成する準備ができました。




④のボタン
ビデオを、圧縮する準備ができたなら、このボタンを押してください。選択したcodecが圧縮品質等について設定を行えるならば、上に示すような設定ウィンドウが出ます。とくに設定を変更する必要がなければ、そのままOKを押してください。デフォルトの設定が使われます。

⑤のボタン
ビデオを綺麗に出力したい場合に使ってください。実際にやることは④のボタンと同じですが、内部処理が異なります。また、この機能は元となるビデオによっては失敗することがあります。(というか失敗する場合がほとんどです。)